お金借りる

即日融資で気をつけるべきポイントは?

給料日前や急な出費に見舞われた時にありがたいのがカードローンの即日融資です。
最近ではスマホのアプリを活用して好きなタイミングで申し込みをしたり、簡単に書類を提出できたりするようになっています。

 

審査にかかる時間も短く、あっという間にキャッシングできます。

即日融資は消費者金融最大のメリット

審査時間が短く、短期間で融資可能なのは消費者金融の非常に大きな強みです。
金利こそ銀行カードローンより高いものの、利便性はピカイチです。申し込み方法だけでなく、借り入れの方法も返済方法も豊富で、使い勝手は抜群です。

 

以前は銀行カードローンの中にも即日融資に対応したものがありましたが、銀行カードローンによる貸しすぎが問題となり、銀行カードローンは規制を強めることになりました。即日融資も停止となり、急いでお金を借りるには消費者金融を利用するほかありません。

 

即日融資に限らず、銀行カードローンの新規契約は縮小傾向にあります。即日融資を希望する人以外も、銀行カードローンより消費者金融の方がずっと借りやすくなっています。

 

即日融資のキホン

インターネットからであればカードローンの申し込みは24時間いつでもできます。消費者金融の審査時間は非常に短く、最短で30分、通常で1時間あれば結果がわかります。審査を行う営業時間も長く、土日や祝日でも審査を行っている消費者金融が多いです。

 

いつでも申し込みでき、すぐに利用できるという印象が強い消費者金融のカードローンですが、即日融資を希望している場合は申し込みの時間帯や曜日には注意しましょう。

 

その日の内に融資を受けるためには、できるだけ早い時間帯に申し込むことが大切です。できたら午前中に、遅くとも14時までには申し込みましょう。

 

いくら審査が短時間と言っても、審査待ちの人数が多ければ時間がかかる可能性がありますし、審査内容によっては通常よりも時間がかかってしまいます。

 

また、振込融資を希望している場合、銀行の営業日と営業時間にも注意が必要です。基本的に、銀行の振込受付は平日の14時までで、それ以降になると翌営業日の振込になってしまいます。申し込んだ時間や曜日によっては、即日の振込融資が不可能なケースもあります。

 

自動契約機でカードを受け取り、ATMからの融資を希望している場合、タイムリミットには振込融資よりも余裕があります。しかし、自動契約機にも営業時間があります。夜遅くなってからの申し込みでは当日中に間に合いません。

 

申込方法にはいくつかありますが、スマホやパソコンを利用したインターネット申し込みがおすすめです。待ち時間が生じる心配が少なく、どこからでも簡単に申し込みできるためです。
自動契約機でカードを受け取る予定でも、申し込みはネット経由にしましょう。先に自動契約機を使っている人がいた場合、待ち時間が発生してしまいます。また、万が一審査に通過できなかった場合、自動契約機までの移動時間が無駄になってしまいます。

 

 

 

 

 

◯カードローンの審査について
カードローンの契約をするためには審査を通過しなければなりません。

 

審査と聞くと不安になってしまう人もいるかもしれませんが、一定の収入があり、カードローンの利用がはじめての人であれば、審査に通過できる可能性は非常に高いです。
以前カードローンを利用したことがある場合でも、きちんと返済を行っていたのならば何の問題もありません。

 

 

 

次に、審査にスムーズに通過するためのポイントをいくつか紹介します。
●早めに申し込む
先ほど述べた通り、急いでいるのならばできるだけ早い時間に申し込むようにしましょう。審査は原則申し込み順に行われます。
中には、急いでいる旨を伝えると審査を優先してくれるカードローンもあります。不安な場合は一度コールセンターで相談してみましょう。

 

即日の融資のタイムリミットは、どんな方法で融資を受けるかで変わります。営業時間や受付時間を確認し、間に合うように余裕を持って申し込むようにしましょう。

 

 

 

●書類はあらかじめ準備しておく
提出の段階になって慌てることがないように、申し込み前に書類を確認しておきましょう。

 

少額の利用であれば、書類は本人確認書類となる免許証があれば十分であることがほとんどです。カードローンでは保証人も担保も必要ありません。身分証に記載されている住所と現住所に違いがないようにだけ気をつけておきましょう。

 

希望限度額が50万円以上になる場合や、他社からの借入額をあわせた金額が100万円より多い場合は、収入証明の提出が必要になります。注意しましょう。

 

 

 

●個人情報の入力は正確に
申し込みの際には、住所氏名・年齢のほか、勤務先の情報や他社からの借入額などの情報を入力します。急いでいるとどうしてもミスが多くなりがちですが、入力情報には間違いやミスがないように送信前に必ず確認してください。
特に電話番号などの数字は間違いを見落としやすいです。

 

間違いがあると審査がおくれるだけでなく、信用を損ない審査に通りにくくなる可能性もあります。
審査に通りやすくなるように嘘をつくのはもってのほかです。嘘をついても審査の段階でバレてしまいますし、嘘をついたことでより審査に通りにくくなってしまいます。

 

 

 

●一度にたくさん申し込まない
どうしてもお金が借りたいと思うあまり、複数のカードローンに一斉に申し込んでしまう人がいますが、これはNGです。一度に複数のカードローンに申し込みを行うとそれだけで審査に通過しづらくなります。

 

カードローンの審査では必ず信用情報機関に信用情報の照会を行います。信用情報には借り入れや返済の記録だけでなく、照会の記録も残ります。
短期間に大量の照会記録があると、お金にとても困っているように見えたり、たくさんの審査に落ちてしまったように見えたりしてしまいます。これにより、さらに審査通過が困難になってしまいます。

 

カードローンの申し込みは必ず一つずつ行いましょう。

 

 

 

審査に不安を覚える人は非常に多いのですが、金融機関がお金を貸すための重要なプロセスです。お金を貸してまっとうな利益を得るには、きちんと返済ができそうな人にだけ貸すようにしなくてはなりません。

 

世の中には「審査不要」であるとか「無審査」をうたう怪しげなローンも存在します。審査に続けて落ちている人には魅力的に聞こえてしまうかもしれませんが、審査をせずにお金を貸して利益を出しているということは、まっとうな利益を得ていないということです。本来ならば返済が困難な人を脅して無理やりお金をむしり取っているか、法外な利息によって利益を得ているようなローンです。
間違ってもこのような危険な業者のローンに手を出してはいけません。借りた本人だけでなく、周囲の人に迷惑や危険が及ぶ可能性もあります。

 

 

 

 

 

◯カードローンの在籍確認
審査と並んで不安の種となりやすいのが在籍確認です。
在籍確認では申込者の職場に直接電話をかけて、申告どおりの職場に務めているかどうかの確認を行います。
カードローンの申し込みが在籍確認によって職場にバレてしまうのではないかと心配になる人も多いのではないでしょうか。また、在籍確認は時間がかかりやすく、即日融資を希望している人にとってもネックです。

 

 

 

●在籍確認で職場にばれることはある?
結論から言えば、まずありません。

 

在籍確認を行う側も、職場にカードローンの審査だと知られないように慎重に行います。職場にバレてしまうカードローンは誰も使いたくありません。バレないように在籍確認を行うことは、消費者金融にとっても非常に重要なのです。

 

電話の際に担当者がカードローン会社の名前を名乗ることはありません。個人名を名乗ります。また、確認の電話に本人が出る必要もありません。在籍していることさえわかれば大丈夫です。

 

 

 

●電話以外で在籍確認したり、在籍確認事態をスキップしたりすることはできる?
ほとんどのカードローンが電話による在籍確認を必須としています。急いでいるからといって在籍確認を飛ばしたり、電話されるのが嫌だからといってなくしたりすることは原則できません。

 

土日や祝日、夜間など職場に人がいなければ、申し込んだタイミングによっては即日融資が難しいケースもあります。即日融資を規模する際は在籍確認が取れるかどうかも重要なポイントです。

 

ただ、中には個人宛の電話が絶対にかかってこない職場や、電話を取る人が派遣社員やアルバイトについて十分把握していないような職場に勤めている人もいるかもしれません。電話による在籍確認が困難な場合、カードローンによっては書類等による在籍確認を認めてくれる場合もあります。不安な場合は電話で相談しておきましょう。

 

 

 

在籍確認が不安だという人は非常に多いです。それでも必ず行うのは嘘の申告をして申し込む人が絶えないからです。
中には在籍確認を行わないと宣伝しているカードローンもありますが、違法なサービスである可能性が非常に高いので注意しましょう。

 

 

 

 

 

◯収入がない場合はカードローンに申し込める?
収入がない人の場合、カードローンを利用することはできません。

 

消費者金融は法律により、年収の3分の1を超える金額を貸すことができません。収入のない人にお金を貸せるのは違法な業者だけです。

 

 

 

●専業主婦の場合
配偶者貸付という仕組みを利用すれば、専業主婦でも融資を受けることができます。ただし、配偶者に一定の収入があることと、配偶者の同意を得ることが必須です。
配偶者貸付事態を行っている業者も非常に少なく、金利や使い勝手もあまりよくありません。

 

少し前までは、総量規制の対象外である銀行カードローンならば専業主婦でも利用できましたが、現在は専業主婦への貸付けを停止しているカードローンが増えています。

 

 

 

●年金受給者の場合
年金は定期的な収入とみなされることもありますが、「収入が年金のみの場合は除く」と例外をつけているところも多いです。
また、多くのカードローンが利用を65歳までとしているため、年金受給者がカードローンを利用するのは難しいです。

 

 

 

●失業保険
失業保険は一時的に給付されるもののため、安定した収入とはみなされません。

 

 

 

収入がないからこそお金を借りたいという人も多いかもしれませんが、残念ながら返済能力がなければカードローンを利用できません。
ただ、消費者金融の場合はアルバイトや派遣でも定期的な収入があれば審査に通過できます。まずはアルバイトを初めて少しでも収入を得てから申し込みましょう。

 

 

 

 

 

◯返済について
カードローンの返済の基本はリボ払いです。
毎月一定額を返済し続けていくというもので、3万円程度の借り入れであれば月の返済額は数千円です。
月々の返済額が比較的小さく、金額も変わらないため、生活の圧迫が少なく、返済計画を立てやすいのがメリットです。

 

ただし、リボ払いは日々の負担が小さい代わりに返済が長期化しやすく、利息もかさみやすいという欠点がります。余裕がある時には積極的に繰り上げ返済や一括返済を行い、できるだけ短期間で返済を終えてしまうのが上手にキャッシングを使うコツです。

 

 

 

 

 

◯カードローンの金利について
初めてカードローンを利用する場合、金利は18%ぐらいになるのが普通です。

 

カードローンの金利について調べると、4.5%〜18.0%のように幅がありますが、初回利用時に適用されるのは基本的にその幅の中で一番高い金利です。
適用される金利は限度額が小さいほど高く、限度額が大きくなれば金利も低くなります。初回利用時の限度額は低めの設定になることが多いため、適用される金利は高くなります。
カードローンの金利を比較する際も、一番高い金利を比べるようにしましょう。

 

限度額はカードローンを継続的に利用し、きちんと返済を続けることで増やすことができます。限度額が上がれば金利が下がる可能性も高まります。
どのぐらいで限度額があげられるかは場合によりますが、半年ほど経つと増額申請ができるようになったり、増額の誘いがあったりします。

 

 

 

●利息制限法
多くのカードローンの最高金利が18%となっているのは、利息制限法があるためです。

 

利息制限法では、借入額10万円未満の場合は20%まで、借入額10万円以上100万円未満で18%まで、100万円以上で15%までと金利の条件が定められています。
中小規模の消費者金融では、10万円未満の融資について20%の金利を適用している場合もありますが、大手の場合は18%を最高金利としているところがほとんどです。

 

 

 

 

 

◯即日融資のできるオススメのカードローン
即日融資のできるカードローンにはいくつかありますが、その中でも特に使い勝手のよいオススメのカードローンがアコムとプロミスです。

 

即日融資のできるカードローンを選ぶ場合、どうやって融資を受けるかがポイントになります。即日融資の場合、自分の口座に振り込んでもらう振込融資か、カードを使ってATMから現金を引き出すかのどちらかになります。
お金の使いみちに応じて、自分に合っているものを選びましょう。

 

 

 

●振込融資
振込の場合、振込先銀行の営業時間が重要です。
一般的に、銀行が振込依頼を受け付けるのは平日の14時までです。この時間までに申し込み、審査、在籍確認、契約を終えなければその日の内にお金を受け取ることはできません。

 

ただし、アコムとプロミスでは特定の銀行宛ての振込について、24時間いつでも振込依頼を受け付けています。

 

・アコム
楽天銀行宛の振込なら、24時間365日受付

 

・プロミス
三井住友銀行宛、ジャパンネット銀行宛の振込依頼については、24時間365日受付(瞬フリ)

 

 

 

●ATMから現金で融資
自動契約機のあるカードローンでは、自動契約機でカードを受け取ることができます。

 

カードローンが提携しているコンビニATMは24時間営業のため、カードさえあればいつでも現金を引き出すことが可能です。ATMを利用する場合、キーとなるのは自動契約機の営業時間です。

 

アコムもプロミスも、自動契約機の営業時間は22時までです。ただし、契約機の設置場所によってはそれよりも早い時間で営業終了してしまう場合もあります。
また、プロミスの場合、プロミスの自動契約機に加えて、三井住友銀行の契約機も利用できます。

 

ATMを利用する場合、近くにある契約機はどこのものなのか、そして営業時間は何時までなのかを調べて決めましょう。

 

 

 

 

 

◯事業資金に使えるカードローン
基本的にカードローンで借りたお金は用途自由で、生活費にも旅行費用にも教育資金にも利用できますが、事業資金についてはNGとしているカードローンが多いです。

 

事業資金に使えるお金を借りたい場合は、専用のビジネスローンを利用しましょう。ビジネスローンは総量規制の対象外となっているため、事業資金に利用するなら普通のカードローンよりも使い勝手が良いです。

page top