promise

プロミスの審査を徹底解説! 審査の基準と流れについて

投稿日:

キャッシングをする上で最も不安なポイントの一つが審査です。
審査はでは何を見ているのか、プロミスの審査は厳しいのか、甘いのか、万が一審査に落ちてしまった時はどうしたらいいのかなど気になる点はたくさんあります。
このページでは気になるプロミスの審査について丁寧に解説していきます。

プロミスの審査について
●プロミスの申込み基準
プロミスの申し込みの基準は以下のとおりです。

・20~69歳で本人に安定した収入のあること
・パートやアルバイトでも可、ただし本人収入のない専業主婦は不可

最低でもこの申し込みの基準は必ず満たしていることが条件となります。

注目しておきたいのは、「本人に安定した収入がある」という部分です。銀行カードローンの中には本人に収入がなくても配偶者に安定収入があれば利用できるものがあります。しかし、プロミスにはそうも行かない理由があるのです。

これには「総量規制」というルールが関係しています。利用者が借りすぎてしますことを防ぐために、貸金業法に定められた決まりで、利用者の年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないと決められています。
年収のない専業主婦が借りられる金額は0円となるため、初めから利用対象外とされているのです。
消費者金融であるプロミスはこの総量規制の対象となっており、専業主婦は利用できません。本人に収入のない人が利用できるカードローンは、総量規制の対象外となっている金融機関が提供しているもののみです。

また、総量規制は1社ごとではなく、全ての借入金額を合計して考えられます。他社から総量規制の上限まで融資を受けている場合は、新たな借入を行うことはできません。

厳しいばかりの面が気になるプロミスの審査基準ですが、収入が安定さえしていれば申し込みができます。パートやアルバイト、派遣社員など非正規雇用の人でも十分審査に通る見込みがあります。

プロミスの審査はどのぐらい厳しい?
一般に、銀行カードローンと比べると消費者金融の審査は甘いと言われていますが、実際はどのぐらいの人が審査を通過しているのでしょうか?

どのぐらいの人が審査を通過しているかを知るためには、成約率という数字を見ます。申込者を新規利用者で割った数字で、何割の人が審査を通過し契約まで至ったかの割合がわかります。
成約率は各社がインターネット上で公開しており、簡単に知ることができます。

プロミスの成約率は約40%です。4割の人が審査を通過し、6割の人が審査に落ちているということになります。
同じ消費者金融であるアコムの成約率も見てみましょう。こちらは約45%と若干高めではありますが、ほぼ同程度と見ても良いでしょう。
以上から、特別通過しやすいというほどではないが、厳しすぎるものでもないということがわかります。プロミスの審査の厳しさは消費者金融としては普通程度と言えます。

審査に落ちてしまう可能性が高いケースは?
審査に落ちてしまうのには必ず理由があります。審査に落ちてしまう原因になりやすい代表的な理由について紹介します。

・信用情報に事故の記録がある
・半年以内にプロミスの審査に落ちている
信用情報に問題がある人は審査を受けても通らない可能性が高いです。債務整理などを行った人は、いわゆる「ブラックリスト」となり、当分の間は融資を受けることができません。
カードローンの審査などで信用情報を照会した場合も半年ほど記録が残されます。そのため、一度申し込みをしたら落ちた場合でも半年は次の申し込みまで期間をあけるようにしましょう。

・年収の3分の1以上の金額を狩りたい
・専業主婦
消費者金融には総量規制があり、決められた金額内の貸し付けしか行うことができません。銀行カードローンなど、総量規制の対象外の金融機関を利用するしかありません。

その他にも、以下の項目に該当する人は審査に落ちてしまう可能性が高いです。
・プロミスで強制解約になったことがある
・他社からの借り入れが5件以上ある
・勤続年数が半年未満

審査で照会した記録も信用情報には残るため、ダメ元で審査を受けるというやり方はおすすめできません。プロミスに申し込んでも審査に落ちそうだと分かっている場合は、申し込みは避けたほうが良いです。

審査から融資までの流れ
申し込み後、入力した情報や信用情報などを元に審査が行われます。在籍確認は審査の最終段階で行われ、在籍確認が終わった後に結果が知らされます。
無事に通過していれば、必要書類の提出を行います。ローンカードの受け取りは無人契約機か郵送かを選択できます。
借り入れは振り込みか、カード受け取り後にATMから行うことができます。

●必要書類
書類の提出はインターネットを利用して行うこともできます。
必要な書類は以下の通りです。

・本人確認書類
運転免許証や健康保険証、パスポートなど。

無人契約機・窓口で契約手続きを行う場合、運転免許証以外の本人確認書類には追加書類が必要となります。
追加書類は、別の本人確認書類(住民票・戸籍謄本・印鑑証明書など)か自宅住所確認書類(公共料金の領収書・国税や地方税の領収書か納税証明書、社会保険料の領収書など)です。自宅住所確認書類は発行から6ヶ月以内のものが必要です。

・収入証明書
源泉徴収票、確定申告書、給与明細(直近2ヶ月+1年分の賞与)、所得証明書など
プロミスの申込金額が50万円以上か、他社との合計借入金額が100万円以上となる場合は、収入を証明する書類も必要になります。

審査に落ちてしまった時は?
先程述べた通り、審査を受けて半年程は信用情報に照会の記録が残っています。プロミスを受け直すにしても、他社の審査を受けるにしても、半年間は開けたほうが無難です。

半年待つ間に、他社からの借り入れがある場合は残高をできるだけ減らしておきましょう。また、震災落ちてしまった原因について考えることも重要です。

審査に落ちる原因として考えられるのは、以下のような理由です。
・他社からの借り入れが5件以上
・借り入れ合計金額が総量規制を超えている
・延滞や債務整理の景観がある
・勤続年数が6ヶ月に満たない
・収入が不安定
・在籍確認ができない職場に努めている

これらの理由に心あたりがない場合は、自分で信用情報の開示請求をするのも有効です。もしかすると自覚はなくても信用情報に何か問題があるかもしれません。
審査に落ちるのは必ず原因があります。その原因を明らかにして解決しない限り、また審査を受けても無駄になってしまう可能性が高いです。

アコム

アコム公式
・今すぐ借りたいならアコム。 ・会社や家族にバレにくい。 ・はじめての方なら最大。30日間金利0円

実質年率 限度額 審査時間 保証人
3.0%~18.0% ~800万円 最短30分 なし

-promise

Copyright© 消費者金融ナビ , 2017 All Rights Reserved.