アコムで一括返済する方法は?

キャッシングの返済は毎月定期的に行うほかに、追加で返済したり、一括で返済したりできます。返済日よりも早く返済できればトータルで支払う利息が少なくなり、負担を軽減することができます。
アコムでも借り入れを一括返済することが可能です。

約定返済日よりも早く返済した場合、利息はそれまでの日数分のみにかかります。無利息期間を利用している人が無利息期間内に返済を終えることができれば、当然利息は一切かかりません。無利息期間が利用できるのは、アコムの利用が初めてで返済期日を35日毎で設定している人です。

返済方法
一括返済でも通常の返済方法と同じように以下の4つの方法が利用できます。
・アコムATM
・提携ATM
・振り込み
・店頭窓口

ATMから一括返済
アコムATMの場合も、提携ATMの場合も返済が1000円単位となります。返済額によっては端数が残ってしまいますが、端数分は無利息残高となるためあまり気にする必要はありません。
無利息残高には利息がつかず、返済の催促や支払期限もありません。無利息残高は次にアコムを利用した際に精算されることになっています。
今後もアコムの利用予定がある場合はそのままにしておいても問題ありませんが、解約の際には端数分も返済しておく必要があります。

また、アコムATM以外の利用には手数料がかかります。手数料は、1万円以下で108円、1万円超で216円となります。できるだけ節約したい人はアコムのATMを選ぶようにしましょう。

振込みによる一括返済
一括返済の場合も、振り込み先は通常の返済と同じです。振込先の口座は利用者ごとに設定されているため、必ず自分専用の振込先を確認してから振り込むようにしましょう。
振込先はアコムの会員ページやアコム総合カードローンデスクで確認できます。

一括返済の後は?
返済が終わった後も再び借り入れを行うことができます。また、解約してしまうことも可能です。アコムの解約は簡単で、返済さえ完了していればあっという間に手続きができます。手数料や提出書類の必要はありません。
ただ、ローンカードを持ち続けているだけであれば、年会費などはかかりません。解約してしまうと再利用時に審査を受けなくてはならず時間がかかるため、今後も使う予定があるのであれば持っておきましょう。
反対に、今後使う予定がなく、カードを持ち続けていたくないのであれば、店頭か電話で解約の申し込みをしてしまいましょう。

解約をしていないのにカードが使えなくなってしまった場合は、カードそのものに磁気等の問題があるか、総量規制の影響を受けている可能性があります。一度総合カードローンデスクに問い合わせてみましょう。