acom

アコムの審査に落ちてしまったら?

投稿日:

消費者金融の審査は銀行カードローンに比べると通りやすいと言われています。しかし通りやすいと言われている分、落ちてしまったときのショックは大きいものです。
キャッシング初心者に使いやすいと言われているアコムですが、アコムの審査に落ちてしまった時、その原因はどこにあるのでしょうか? また落ちてしまった時はどうしたら良いのでしょうか?

審査に落ちた場合、取れる行動は2つあります。

まず、他の消費者金融などに申し込み直すこと。もう一つはしばらく時間をおいてアコムに再チャレンジすることです。ただ、どちらの場合もアコムの審査に落ちてしまった原因が分からないままだと、また同じ理由で落ちてしまう可能性が高いです。

このページでは、アコムの審査で注意すべきポイントと対策を紹介していきます。

審査に落ちるよくある原因
アコムの審査通過率は5割弱で、消費者金融の中でも通過しやすいことで知られています。アコムの審査は機械的に行われており、審査に携わる人が原因で審査の質が左右されることはありません。基本的に、審査に落ちてしまうのは申込者本人に原因があると考えましょう。

審査に落ちてしまう原因としてよくあるものをいくつかあげてみましょう。
・年齢が60歳以上
・収入が少ない、安定していない
・他社からの借り入れで総量規制に達しているか、上限ギリギリ
・他社からの借り入れ件数が5件以上
・信用情報に事後等の記録がある

他社からの借り入れが5件以上になっている場合は、件数が判明した時点で審査すら行わないということもあります。

審査に落ちる原因と原因別対策
アコムには独自の審査基準があり、審査の傾向も他社とは異なるものになっています。特に初めてキャッシングを利用する人は通りやすいという傾向にあり、今までカードローンの利用がなければ他社よりも通過できる可能性は高いです。

●審査で注意すべきポイントは?
アコムの審査項目のうち、審査に落ちる原因となりやすい5つのポイントについて紹介します。

・勤続年数
消費者金融は総量規制のため、本人に収入がなければ利用できません。
アルバイトやパートでも申し込みできますが、勤続年数が1年に満たないなど極端に短い場合、不利になることがあります。

・年齢
申し込みは69歳まで受け付けていますが、60歳以上となると審査に不利になりやすいです。

・収入
極端に年収が少ない場合を除き、年収の大小よりも、安定しているかどうかを重視する傾向にあります。

・信用情報
信用事故は審査において不利に働く大きな原因です。過去の延滞だけでなく、キャッシングの申し込みをたくさんしている場合も審査が不利になります。
簡単に改善できない項目のため、信用情報が原因で審査に落ちてしまう人は特に多いです。

・他社からの借り入れ件数
2件程度であれば問題ありませんが、5件以上になると審査に通るのはかなり難しいです。

●ポイント別対策
上記のポイント別に対策をいくつか紹介します。心当たりがあれば、次の申し込みまでにしっかり対策を行って、審査に通過できるようにしましょう。

・勤続年数
1年未満だと厳しいため、最低でも1年以上勤務してから申し込みをしましょう。

・年齢
60歳以上は厳しいとは言え、受け付けていないわけではありません。年齢が原因と考えられる場合は、申し込み金額を少なめにしましょう。少額であれば審査を通過できる可能性が上がります。

・収入
パート・アルバイトでも申し込み可能であるため、収入が多少少なくても問題ありません。ただ、毎月定期的に返済を行う都合上、収入が安定していないと厳しくなります。

・信用情報
信用情報に残される延滞や事故の記録は1~5年間残されます。時間が経てば消えるため、しばらくは待ってみるのが有効です。キャッシングの申し込みに限れば半年おけば大丈夫です。

・他社からの借り入れ件数
件数を減らすことが重要です。おまとめローンを使えば、件数を減らせるだけでなく返済などの管理も容易になります。アコムでもおまとめローンを取り扱っているため、検討してみましょう。

-acom

Copyright© 消費者金融ナビ , 2017 AllRights Reserved.