acom

アコムの使い方解説! 他社にはない強みとは?

投稿日:

消費者金融の中でも特に高い知名度を誇るのがアコムです。しかし有名だからと言って、本当に安心して利用できるのかはなかなかわからないもの。ここでは他の有名なサービスとアコムを比較しながら、アコムの特徴を紹介します。
アコムが向いているケースやそうでないもの、上手な使い方などを徹底的に解説します。

◯アコムってどんな会社?
アコム株式会社は昭和53年設立の消費者金融です。消費者金融の中でも長い歴史を持ち、知名度の非常に高い会社です。それまでキャッシングを利用したことがない人にも広く知られているため、初めてのキャッシングに選ばれることも多いです。
平成16年には三菱東京フィナンシャル・グループの一員となり、三菱東京UFJ銀行の広いネットワークも活用できるようになりました。長い歴史に加え、大手銀行と同グループになったことで、高い信頼性を得ることができました。豊富な貸付実績とメガバンクと同グループというブランドが安心感を生んでいます。

アコムの人気は信頼性によるものだけではありません。サービスの質の高さも人気の理由です。追加の借り入れのしやすさ、利用できるATMの豊富さなど、利便性も非常に高いです。
特に注目されているのが「30日間金利0円サービス」です。アコムを初めて利用する人で、返済期日を35日ごとに設定することでこのサービスを利用することができます。初めてのキャッシングに不安を覚える人も多いのですが、この金利0円サービスがあれば返済の不安をかなり和らげることができます。
また、スタッフの対応の良さも評価されています。相談や質問に丁寧に答えてくれるため、安心して利用できます。

また、ローンには「有担保」のものと「無担保」のものがありますが、アコムで取り扱っているのは「無担保ローン」と呼ばれるものです。土地や建物等の担保を必要としないため、対象が広く、お金も借りやすいという利点があります。保証人も必要としないため、キャッシング利用を周囲に知られにくいというメリットもあります。

アコムの他にも知名度や人気のある会社はあります。では、アコムのキャッシングと他社のキャッシングではどこが違うのでしょうか?

◯キャッシング比較で注目すべきポイントを解説!
一口にキャッシングの比較と言っても、初めて見る人にはどこをどう比べてよいのかは分からないものです。専門的な言葉が沢山あり、情報量も多いため、何に注目すべきかひと目見ただけでは判断ができません。
ここでは最も注目すべき6つポイントに絞って各社のキャッシングの比較をしていきます。

●金利
金利とはお金の貸し借りにかかる手数料の割合のことです。
よく似ている言葉に「年利」があります。これは1年あたり金利がいくらかかるかを表したものです。キャッシングの金利は普通1年あたり元本に対していくらかかるかで表記するため、キャッシングの比較の際は金利と年利はほぼ同じものと考えても問題ありません。
支払う手数料は「利息」と呼ばれ、金利が低ければ低いほど利息が少なくなり、反対に高ければ高いほど多くなります。
基本的に金利は借入金額が少額なほど大きく、高額なほど小さくなります。消費者金融では100万円以下であれば18%程度、100万円超だと15%に設定されていることが多いです。

●手数料
借入・返済の際にかかるATM等の手数料です。手数料の有無は会社やローン、利用端末によって異なり、中には無料で利用できるものもあります。1回の手数料は少額ですが、利用回数が多くなるとそれなりの金額になってしまうため、節約を考えるのであれば重要なポイントです。

●返済しやすさ
返済は基本的に月1回のペースで行います。借入を行う回数よりも返済を行う回数の方が圧倒的に多く、返済のしやすさが快適さにそのまま直結していると言っても過言ではありません。

●無利息期間
特に短期間の借入において重要なポイントです。
一定期間借入にかかる利息をゼロにするものですが、会社や種類によって条件や計算方法が異なるため比較の際には注意が必要です。

●審査所要時間
申し込みから審査結果が出るまでにかかる時間です。短ければ数十分、長い場合は数日と各社でばらつきの大きい部分です。審査時間が短ければ当然融資までの時間も短くなります。急な用事で急いでお金を借りたい場合にはできるだけ審査時間の短い所を選びましょう。
審査にかかる時間は申し込み者の状況、混雑具合や平日か土日祝日かなど、状況によって変化します。

●限度額
借りられる金額の上限です。
キャッシングにおいて限度額は2つの意味を持ちます。1つはその商品に設定されている最大金額です。どんなに収入が高く優秀な利用者であっても商品の限度額を超えた融資はできません。
2つ目は利用者の返済能力に応じて審査により設定された借入上限金額のことです。こちらについては「極度額」と呼ばれることもあります。

◯アコム・アイフル・プロミス・レイクをポイント別に比較
注目すべきポイント別に4社のキャッシングを比べてみましょう。

●金利
アコム★★★★☆
アイフル★★★★☆
プロミス★★★★★
レイク★★★★☆

金利の比較の際に最も注意すべきなのは、下限金利で比較しない方が良いということです。金利は借入額が大きいほど小さくなり、借入額が小さいほど大きくなります。初めての借入では高額の借入はまず不可能で、基本的には少額の借入からスタートすることになります。また一番低い金利はその商品自体に設定されている限度額に左右されるため、ただ数字を横に並べて大小を比べてもあまり意味がありません。

アコムの金利は3.0~18.0%、アイフルもレイクも上限については同程度で、この3社については金利面では大きな差はないと言っても良いでしょう。最も金利の低いプロミスは4.5~17.8%と、やや低めの設定になっています。

●手数料
アコム★★☆☆☆
アイフル★★☆☆☆
プロミス★★★☆☆
レイク★★★★★

アコムは三菱東京UFJ銀行のATMが使えるため、利用できるATM数自体はトップクラスです。しかし三菱東京UFJ銀行のATMには手数料がかかってしまうため、気軽に使いにくいのが難点です。
手数料の面で最も優れているのがレイクです。こちらは提携ATMの利用にも手数料がかからず、どこのATMでも気軽に使うことができます。手数料無料のATMには銀行ATNだけではなくコンビニATMも含まれています。
プロミスの場合、コンビニATMに手数料はあるものの、三井住友銀行のATMの利用時には手数料がかかりません。
アコムの手数料は1万円以下の取引で1回108円、1万円超で216円です。手数料の金額はアイフルやプロミスでも同じです。

●返済しやすさ
アコム★★★★☆
アイフル★★★☆☆
プロミス★★★★★
レイク★★☆☆☆

返済方法が豊富なほど返済しやすく、快適に使うことができます。
アコムの返済方法は6種類。アコムATM・提携ATM・窓口・ネットバンキング・振込・口座振替と、基本的な返済方法は網羅しています。提携ATMも多く、地方銀行のATMも利用でき便利です。
アイフルの返済方法もアコムとほぼ同じですが、ネットバンキング未対応という欠点があります。
最も評価の高いプロミスは、4社の中で唯一ゆうちょ銀行と提携しています。ゆうちょ銀行のATMは日本全国にあり、高く評価できる点です。

アコムを利用する場合、最もおすすめの返済方法がネットバンキングを利用するものです。好きな時間に手続きができるうえに、手数料もかかりません。ただ、紙の記録としては残らないため、カレンダーや手帳に返済した日を書き込んでおくと安心です。

●無利息期間
アコム★★☆☆☆
アイフル★★★☆☆
プロミス★★★★☆
レイク★★★★★

無利息期間の適用方法は大きく分けて3種類です。
1つは契約日翌日から一定期間無利息になるもの。
2つ目は初回利用日翌日から一定期間無利息になるものです。こちらは契約日前後からカウントが始まるものと異なり、先に契約だけ済ませておくことができるため、時間に余裕があります。
3つ目は上記のどちらにも当てはまらないもので、金額が決まっている分長期間無利息だったり、何度も無利息期間が使えたりするものです。少し珍しいタイプの無利息期間です。

アコムの無利息期間は、初めての契約日の翌日から30日間です。契約してすぐに無利息期間が始まってしまうことに注意が必要です。アイフルについても同様です。
プロミスの場合は、利用開始の翌日から無利息期間が適用されます。時間の融通がきくため、アコムやアイフルよりも使いやすいです。
4社の中で最も優れているのがレイクの無利息期間です。「30日間無利息」と「5万円までで180日間無利息」の2種類から都合の良い方を選択できます。

●審査所要時間
アコム★★★★★
アイフル★★★★☆
プロミス★★★☆☆
レイク★★☆☆☆

消費者金融の審査は銀行などのものと比べて早いのですが、その中でもアコムは特に審査が早いです。最短で30分と急いでいる場合には特に嬉しいスピード審査です。深夜でも電話による受け付けを行っており、できるだけ早く結果を出そうという姿勢が見て取れます。
アコムは特に長い歴史をもつ消費者金融で、審査に必要なデータを持っています。審査が早いのもそのためです。
アイフルも急ぎの人専用のフリーコールを設けており、スピード融資に力を入れているのがわかります。

審査には仮審査と本審査があります。仮審査は社内の基準によって行われるもので、夜遅い時間に
申込んだ場合はまず仮審査が行われ、本審査は営業時間になってからとなります。
本審査では信用情報機関に申込者の信用情報の照会を行います。信用情報の照会を行うと、信用情報機関に照会の記録が残りますが、仮審査の段階では照会を行わないためこの履歴が残る心配はありません。

●限度額
アコム★★★★★
アイフル★★☆☆☆
プロミス★★☆☆☆
レイク★★☆☆☆

アコムの限度額が800万円、残る3社は500万円となっています。
これだけを見るとアコムは非常に便利に見えますが、消費者金融のキャッシング利用者でこの限度額いっぱいまで借りられるケースはあまり多くありません。というのも、アコムを始めとした消費者金融は、総量規制という利用者の年収から借入金額の条件を設定した法律の対象になっているためです。借入金額の3倍の年収が必要で、例えば800万円の借入には2400万円の収入が必要となります。
ただし、レイクは「新生銀行カードローンレイク」という正式名称からも分かる通り銀行カードローンです。銀行カードローンは総量規制対象外のため、この限りではありません。

◯周囲にバレにくい
アコムを選択した理由に「周囲にバレにくい」という理由を上げる人もいます。消費者金融の利用を周りの人に知られたくない人も多いのですが、秘密にしたい人にとってはアコムの高い知名度は欠点になりかねません。

しかし、利用者が自分から言いふらすことがなければ、簡単に知られる心配はありません。
例えば、審査の際に職場に電話をかけ、本当にそこに勤めているかをチェックする「在籍確認」が行われますが、この時オペレーターは個人名のみを名乗ります。アコムのという会社名やキャッシングの審査であることも明かしません。
明細やローンカードにも「アコム」とは書かれていません。「ACセンター」とあるだけで、知らない人には消費者金融の明細やカードであることは分かりません。

また、アコムはクレジットカード会社との提携もあるため、クレジットカードとローンカードを1枚にまとめることもできます。クレジットカード会社と提携している消費者金融はアコムだけです。財布の中のカードの枚数を減らすだけでなく、クレジットカードであればキャッシングの利用もより一層バレにくくなります。

◯アコムの評判
さて、実際にアコムを利用した人の評判はどのようなものなのでしょうか。数字やデータで見るスペックと、実際に利用して感じる良し悪しとは必ずしも同一だとは限りません。時間に余裕があればたくさんの口コミを見て、自分と同じような条件の人の感想を探してみると良いでしょう。
こちらでは、そういった評判の一部を紹介します。

●良い評判
・申し込んでから借りられるまでが早かった。
・不安だったのでコールセンターに相談したが、とても親身になってくれてよかった。
・利息0円のおかげで思ったよりも安く借りられた。
・審査が早い。急ぎの場合にはありがたい。
・無人契約機が近くにあったおかげで借りやすかった。ATMも使えるものがたくさんあっていい。
・定職についている人なら、書類を揃えておくだけですぐに借りられる

●悪い評判
・金利はやっぱり高い
・時間に余裕があるなら銀行カードローンの方が安くていいと思う

申し込みから借入までの早さが特に大きく評価されています。ATMの多さといった利便性の高さも評価ポイントです。とくに審査の早さは同業他社の中でも優れているため、良かった点としてあげられていることが多いです。
反対に、金利は高いと感じられています。消費者金融の金利は全体的に銀行カードローンと比べると高めの設定で、銀行カードローンと比較するとどうしても不利になってしまいます。

◯アコムの特徴からアコムが向いているケースを考える
長所短所様々なアコムですが、アコムに向いているケースはどのようなものでしょうか?
今まで述べてきたアコムの特徴はおおよそ以下のとおりです。

・大手消費者金融で、三菱東京UFJ銀行のグループ会社
・審査や融資までのスピードが早く、即日融資も可能
・消費者金融の中ではトップクラスの限度額
・30日間金利0円サービスがある
・金利は高め
・知名度は高いが周囲にはバレにくい
・丁寧な顧客対応

●アコムが向いているケース
アコムが向いているのは特に「急いでいるケース」と「初めてのキャッシング」、「短期借入」の3つのケースです。
審査が早いので、融資が受けられるところを急いで見つけなければならない場合には非常にありがたい存在です。銀行カードローンに比べると審査が早いだけでなく緩めの傾向にあるため、ひとまず消費者金融から借りておく、という使い方もできます。
丁寧な顧客対応から初めてのキャッシングの場合にも向いています。歴史のある大手という安心感もキャッシング初心者には嬉しいポイントです。
無利息期間があるため短期間の借入にもおすすめです。使い方によってはアコムより金利が低いカードローンを利用するよりもお得になる可能性があります。

●アコムが向いていないケース
低金利を求めている場合には、アコムは向いていません。消費者金融は全体的に金利が高いため、節約を考えている場合には銀行カードローンなどが向いています。
また、借入額が大きい場合や返済が長期になる場合にも金利が高い消費者金融の利用はおすすめできません。アコムは消費者金融のため総量規制の対象となり、そもそも高額の借入が難しいという問題もあります。本人収入のない専業主婦の利用もできません。

アコムを考えていたが、向いてないケースに当てはまってしまった人には「三菱東京UFJ銀行バンクイック」がおすすめです。アコムと同じ三菱東京フィナンシャル・グループのカードローンです。
銀行カードローンであるため総量規制の対象外で、収入の少ない人や専業主婦でも利用できます。金利も4.6~14.6%と低く、借り入れが長期になっても利息がかさみにくいです。月の返済額も少ないため、松木の負担も少なく、利用しやすいカードローンです。大手銀行のカードローンだけあって、対応も丁寧で信頼性も高いです。

◯急いでいる人のためのアコム、即日融資のコツは?
即日融資を謳っている消費者金融の中でも特にアコムは早さに定評があります。
ここではアコムで即日融資を受けるための要点を解説します。

●申し込み方法
・インターネット
24時間受け付けています。
電話と異なり、混雑する心配も少なく申し込みしやすいです。申し込みにかかる時間も少ないため、急いでいる場合に向いています。

・電話
24時間受け付けています。オペレーターに相談ができるため、疑問点や不安な所がある場合や、初めてのキャッシングにおすすめです。休日や連休の直前は込みやすい傾向にあり、タイミングによっては時間のかかることがあります。

・無人契約機(むじんくん)
営業時間は原則8時から22時です。設置台数も多く、申し込みからカード発行までをその場で行うことができます。先に利用している人がいる場合は無人契約機の外で待つことになります。

・店頭
営業時間は平日の9時30~18時です。店舗数も多くなく、平日のみに限られています。
その場でカードが発行でき、相談もしやすいというメリットがありますが、カードの発行は無人契約機でも可能ですし、相談は電話でも受け付けています。

●即日融資までの流れ
アコムの公式サイトで「お急ぎのお客さま」を選択すると、手順を説明したページに移動します。
この場合申し込み方法はインターネットか、電話のどちらかになります。無人契約機や窓口からも申し込みできますが、電話やインターネットから先に申し込みをした方が時間の短縮になります。
インターネットからの場合、専用フォームに必要事項を入力し送信すると、審査が行われます。アコムでは審査が行われるのは9時から21時の間です。22時をすぎると申し込みをしても審査が翌日になってしまいます。
審査では個人の収入や信用情報のチェックの他に在籍確認も行われます。在籍確認は審査の最後に行われます。在籍確認の電話を自分で取れそうもない場合は、自分宛てに電話がかかってくることを周りの人に伝えておくとスムーズに進むでしょう。

審査通過後は書類の提出・契約手続きとなります。即日融資を希望する場合は14時までに書類の提出を終える必要があります。書類の提出は専用のページにアップロードするか、店舗窓口、無人契約機、FAX等で行うことができます。
平日であればカードを受け取る前に振込で融資を受けることができますが、休日の場合はカードを発行しなければお金を引き出すことができません。カードの受け取りは窓口と無人契約機で可能です。

審査にかかる時間は最短で30分、申し込みから融資まではおおよそ1時間です。融資までの所要時間はその日の混雑状況や審査の内容によっても変わるため、できるかぎり時間には余裕を持っておきましょう。書類提出のリミットが14時であるため、午前中に申し込みを終えておくと良いです。

●必要書類について
・本人確認書類
運転免許証や健康保険証。外国籍の場合は在留カードと特別永住者証明書も必要です。

・収入証明
源泉徴収票や直近1ヶ月の給与明細、市民税・県民税決定通知書。
50万円以上の借り入れや、他社との借り入れ合計額が100万円以上の場合必要です。

申込時に入力した住所と提出書類に記載されている住所が異なる場合、現住所を証明する書類が追加で必要となる場合があります。
現住所の証明は公共料金や社会保険料の領収書や、納税証明書で行うことができます。
提出書類に記載された住所と現住所が同じかどうかをあらかじめ確認しておくと、書類の準備に慌てなくて済みます。

◯返済シミュレーションを活用しよう
キャッシング選びでもう一つ活用したいのが返済シミュレーションです。金利や返済額をただ眺めるのではなく、毎月払う金額がいくらなのか、支払う利息は全部でどのくらいなのかを具体的に知ることで、借りすぎや使いすぎを防ぐことができます。

実際に何パターンかシミュレーションしてみましょう。
例えば10万円の借り入れの場合、適用金利は18.0%です。
月の返済額を3,000円とすると、返済回数は51回、総利息は50,105円となります。
これが月の返済額が5,000円になると、返済回数は25回、総利息は23,709円です。
さらに月の返済を増やして11,000円にすれば、返済回数は10回、利息は全部で9,710円となります。

30万円の借り入れではどうでしょうか。金利は同じく18.0%です。
月の返済額が9,000円の場合、返済回数は51回、利息は全部で150,401円です。
月の返済を18,000円にすると、返済回数は20回、総利息は29,141円となります。

アコムの利息は高いと言われていますが、短い期間で返済を終える分には、それほど目立つものではありません。しかし、返済が長期にわたると、その影響は大きくなります。
アコムを利用する場合は、できるだけ早く返済を終えることができるように計画を立てることが重要です。

アコム

アコム公式
・今すぐ借りたいならアコム。 ・会社や家族にバレにくい。 ・はじめての方なら最大。30日間金利0円

実質年率 限度額 審査時間 保証人
3.0%~18.0% ~800万円 最短30分 なし

-acom

Copyright© 消費者金融ナビ , 2017 All Rights Reserved.