青森県のアコム店舗・ATM

アコム利用者日記

「いつまでも、あると思うな親と金」とはよく言ったもので、どちらもいつかなくなってしまうものであるという認識はあまりなくこれまで過ごしていました。 けれども、結婚し、自分の家庭を持ち、親になる年になって初めて両親の大切さやその言葉の意味を理解できたような気がします。 と同時に、お金に対する考え方も随分と変わってきました。

独身の頃は自分ひとりで自由に使えるお金というのがありましたが、結婚してからはそう自由に使えるお金は少ないのだと感じます。 まずは家の事、そして子供のことが優先になりますね。 そういったことを考えると「親と金」がセットになっているのもうなずける気がします。

おじいちゃん、おばあちゃんになって、自分がこれまで働いて貯めたお金を子供や孫に相続するという事は、 そのままその相手に対する愛を与えているのと同じだと感じます。 一生懸命働いて、お金を得たはずなのにそれを使わずにいることはなかなか難しいことです。

結婚式や出産、進学就職のお祝いなどでお祝儀を頂きますが、そういったお祝い事に際して接点を持って頂けた方とはその後も7長いお付き合いが続きますよね。 気持ちを届ける代わりにお祝儀をお渡しして、相手の方の幸せを願うという考え方は、 お金の現実的なイメージとはちょっと違っていて好きな使い方です。

私にも子供がいますが、出来るならば少しでも多くの額のお金を残してやりたいと思います。 あって困ることは何もないから、しっかり頑張って貯めてやりたいです。